インド家庭料理レシピ

インドお家ごはん39 (チャンナイ2013) 「ムルティー家のポテトフライ」

チェンナイの家の朝食に作る定番のおかずです。ポテトフライとインディラ(我が家のクック)が呼びます。私はポテト炒めだと思うのですが、ムルテイーの家ではこれはポテトフライと呼ぶのです。

前回紹介したナスの炒め物同様にドーサ(米粉と豆粉で作るクレープ)やイディリ(米粉と豆粉で作る蒸しパン)などの付け合せで、サンバー(豆と野菜のスープ)と一緒に食べます。2011年にチェンナイの朝ごはんシリーズで、このポテトフライを紹介しましたが、今回はもっと簡単に作れるようにしました。

ポテトとタマネギの甘味を引き出す、ヒングはアサフェティダという北アフリカ原産の香辛料で、インド料理に良く使われます。(ヒングはサンスクリット語)
ヒングの匂いは結構強烈です。たとえて言うならニンニクをもっと変な臭いにしたような。
ですが油で加熱するとこの強烈な臭みが、タマネギを炒めたようなおいしい匂いに変わるのです。
甘味も出てこのポテトフライには欠かせません。
ネットで探すと簡単に買えますのでぜひ求めてください。
カレーリーフも南インド料理には欠かせないハーブです。少量で売っていると良いのですが、もし手に入りにくければ私がお分けしますので連絡を下さい。

(写真はチェンナイのキッチンで写したものです。)
材料は東京で作った時の分量。

材料

ジャガイモ         中3~4個

グリーンチリ        2本 刻む

生姜            3cm角 みじん切り

タマネギ          中玉半個 粗みじん切り

カレーリーフ(ドライ)   ひとつかみ

マスタードシード     1 tea スプーン

塩               1 tea スプーン

ターメリック        少々

ヒング            1/3tea スプーン

植物オイル         5 table スプーン

作り方

①    ジャガイモを柔らかく茹で、冷めたら手で潰しておく。

②    鍋に油を入れ熱したら、マスタードシードを入れ、パチパチと跳ねてきたら、タマネギと生姜、カレーリーフ、グリーンチリ、ヒング、ターメリック、塩を入れ、色付くまで十分に炒める。
  

③    色付いて来たら、茹でて潰したジャガイモを鍋に入れ良く炒める。ポテトに焦げ目がつくのを目安に炒める。

最後に鍋にフタをして一瞬強火にしてから火を止め1分おいて出来上がり。

ポイント

☆  良く炒める事。

☆  ポテトの焦げ目が美味しい。

☆  グリーンチリは冷凍保存できるので、2~3本をサランラップで巻いて冷凍庫で保存。

東京で作ったポテトフライです。

違いは、乾燥したカレーリーフを使っていることぐらいですが、フレッシュなカレーリーフはやはり香りが良いですね~。


関連記事

  1. インド家庭料理レシピ

    インドお家ごはん⑥  「南インドの魚カレー」

    今日は南インドの魚カレーを作ります。特長はココナッツミルクとタマリンド…

  2. インド家庭料理レシピ

    インドお家ごはん⑦ 「PorkVindaloo(ポークビンダルー)」

    ポークビンダルーはゴアの郷土料理です。去年ゴアに滞在した時に食…

  3. インド家庭料理レシピ

    インドのお家ごはん 3 「茄子のマサラ」

    この茄子のマサラ、簡単に作れます。インドの家ごはんは全体にとて…

  4. イディリ

    インド滞在記 4「チェンナイの朝ごはん ①」

    チェンナイの我が家の朝食の紹介です。写真と共に楽しんで下さい。…

おすすめ記事

ARCHIVE

PAGE TOP