インド四方山話

インド四方山話 2 「チェンナイでの日常」

今回はチェンナイの家での朝の様子を書きます。

チェンナイの家は樹木たくさんあり、ジャカランタがいっぱい咲いている素敵な庭がある家です。

でも家は変った建物で、中途半端なガウディって感じの3階建てです。

料理担当者の名前はインディラといい、無口でシャイな中年女性。

朝は「Good Morning Madam」から始まり、南インド特有のコーヒーを持ってきます。

私は朝の6時前にはもう起きています。インドでは早起きが必然となってしまいます。
どうしてかと言えば、朝は涼やかで気持ちが良く、
庭には何種類かのジャカランタが沢山あり、花が咲いている季節は色とりどりのジャカランタの花が香りを運んできます。

Bluntleaf Jacaranda

それと大きなバオバブの木が植えられていて(主人の従兄の話では65年はここにあるよと言っていました、季節になるといっぱいの白い小さな花を沢山つけます、それはそれは素敵なのです)

この木の下に小さなテーブルが置いてあり、ここでコーヒーが飲める随一の時間が朝6時頃、

この朝一番の涼しく、素敵なバオバブの下で飲む南インドコーヒーのそれは美味しく、何とも言えないジャカランタの匂いと朝のインドのすがしい匂いが私にとっての至福の時なのです。

でも7時を過ぎるとだんだんじんわりと汗ばんできますから儚くこの涼やかな至福の時間は消えるのです。

なぜインドなのにチャイではなくコーヒーなのか、南インドは昔からコーヒーのプランテーションが沢山あり、紅茶よりコーヒーが良く飲まれているからです。
コーヒーはブラックではなく、ミルクがたっぷり入っているカフェオレです。

ミルクも新鮮だし、コーヒーも挽きたて、濃いめに入れたコーヒーに温めた濃いたっぷりのミルク、香りもとても良く本当に美味しくインドにいる時の楽しみの一つになっています。

インディラがコーヒーを私に渡しながら必ず毎日聞きます。

「マダム、朝ご飯は何時にする?」

「そうね、今日は8時半頃にしましょうか」

「わかった、イディリ(米粉で作った蒸しパンみたいなの)とサンバー(豆と野菜の少し酸っぱい汁)とキャベツのサブジ(スパイス炒め)でいいか?」

「とても良いと思うわ」

「サーもそれでいいか?」(サーとは私の主人でこの時間はまだ寝ている)

「いいわよ」

「そうそう、レモンピクルスポディ(Podi)とギーも忘れないで」

(ポディはチャナ豆、レンズ豆、コリアンダーシード、カレーリーフ、ガーリックヒング、フェネグリーク、マスタードシード、粒コショウ、唐辛子、タマリンド、塩、全部を合わせ、フライパンで炒り、ミキサーで粉にしたパウダーです。各家庭で材料は違います)

Idli fan

イディリサンバーは南インド特有の朝ごはん、そして、イディリポディギーも我が家の定番です。

フカフカの温かいイディリサンバーに浸して、口に右手で運びます。

次はイディリにたっぷりのギーポディを混ぜたのを付けて口に入れます。何とも言えない美味しさです。いくらでも食べてしまうので、ほんとに要注意!!

もちろん、手で食べます、最初は慣れませんでしたが今は大丈夫、まかせて下さい。
でも、キャベツのサブジはフォークで食べます、あまり偉そうには言えません。

とにかく、少しでも冷めるとすぐに温かいイディリを持ってきます。
「冷めたイディリは美味しくない」と言って。

インディラが私達の食事の進み方から何が足りないかなど目を配っていますから。
最初のうちは落ち着きませんでしたが、今はもう当たり前に慣れました。それは彼女の仕事なのです。

 


関連記事

  1. インド家庭料理レシピ

    インドお家ご飯 ⑪ 「チキンビリヤニ」

    ビリヤニはペルシャから中央アジアを経てムガル人(イスラム教徒)がそ…

  2. インド家庭料理レシピ

    インドのお家ごはん スープ編① 「CARROT SOUP」

    (Carrot Soup)冬の定番、温かいニンジン・スープを作…

  3. イディリ

    インド滞在記 4「チェンナイの朝ごはん ①」

    チェンナイの我が家の朝食の紹介です。写真と共に楽しんで下さい。…

  4. インド滞在記

    インド滞在記 8「チェンナイ朝ごはん④」

    プーリーとポテトマサラプーリーとは、チャパティーを油で揚げたパ…

  5. インド家庭料理レシピ

    インドお家ごはん⑬ 「Ponni (ポニー)」

    Ponniポニーと呼ばれるこのスイーツは西洋ではライスプデイン…

おすすめ記事

ARCHIVE

PAGE TOP