インド家庭料理レシピ

インドお家ご飯 ⑪ 「チキンビリヤニ」


ビリヤニはペルシャから中央アジアを経てムガル人(イスラム教徒)がその当時ヒンドウスターンと呼ばれていったインドに伝えた料理の一つでプラオ(ピラフ)(炊きこみご飯)と言う名前がムガル帝国の時代にインド風になりビリヤニと呼ばれる様になった。

プラオは香辛料の香りと米の甘みが料理のポイントだったらしいが、ビリヤニは香辛料をたっぷり使うスパイシーな料理になっている。

ビリヤニもいろいろなレシピがあるが、きょうは昔ながらのビリヤニを作ってみたい。

材料 (4人前程) 

 チキンモモ肉        今日は630g(モモ肉2枚)
600~700gまでOK             

マリネの材料

 生姜              1片(23㎝)すりおろす

 ニンニク           5かけ    すりおろす

 青唐辛子          2本(真ん中に切れ目を入れておく)

 青チリ            3本(潰す)

(青チリを潰す)

 トマト             2個(缶のホールトマト)

(ホールトマト)

 レモン            1/4個 絞る

 コリアンダーパウダー   teaスプーン1杯(軽く山盛り)

 カルダモンパウダー    teaスプーン1杯(軽く山盛り)

 クミンパウダー         teaスプーン1杯(軽く山盛り)

 クローブホール       4個

 シナモンステイック      2~3㎝

 塩                 teaスプーン1杯強

  • ボールに全ての材料を入れて混ぜ合わせる。

その中に鶏肉を入れてなじませて、サランラップをかけて、冷蔵庫で一晩ねかす。

   
(マリネしたチキン)

炊きこむ材料

 赤色か黄色のレンズ豆  100g(10分位水に浸けてから水気をよく切っておく)

 玉子                4個 (茹でておく)

 新じゃが              6個 (軽く茹でてから皮ごと色良く揚げておく)


(ポテトを揚げる)


(揚げたポテト)

 玉葱             2個 (スライスにする)

 サフラン           2本~3本を温めた牛乳(50cc)に浸しておく

 ヨーグルト(マリネ用)   1パック(450g)200g~250g使用

(ヨーグルト)

               (残りのヨーグルトでライタを作る)

 ミント               23

 アーモンド         50g(熱湯に20分浸けてから皮をむき、刻む)

     
(アーモンドナッツ)              (皮をむいたアーモンド)

バスマティライス      300g(10分位水に浸けてから水気を切っておく)

塩                  少々

水               1.5ℓ

シナモンスティック     2センチ

クローブ (ホール)     2

カルダモン(ホール)    2


(カルダモン、クローブ、シナモン)

作り方

  1. バスマティライスを水が鍋で沸騰したら、スパイスと一緒に5~6分程炊いて(蓋はしない、)ざるに上げておく。

  2. サラダ油大さじ4杯でスライスした玉葱の1.5個分をキツネ色になるまで炒めておく。

            
           (炒めた玉葱)

  1. 残りの玉葱1/4はアーモンドナッツと一緒に大さじ1のサラダ油で炒めておく。

  2. 冷蔵庫からマリネしたボールを出して、ヨーグルトと牛乳に浸したサフランを入れて良く混ぜ合わす。(牛乳が綺麗な黄色になります)

    
  (1晩マリネしたチキンにサフラン、炒めた玉葱、ヨーグルトを入れ混ぜる)

  1. 炒めた玉葱もマリネに入れて混ぜ合わす。

  2. 大きめキャセロール又は土鍋を用意し、鍋の底にマリネした鶏肉をいれる。肉の間に揚げたジャガイモと茹で卵も入れる。

    (鍋にマリネした鶏肉と茹で卵、ポテトを入れる)

  3. チキンの上にレンズ豆を引く。

    (マリネの鶏肉の上に赤レンズ豆を)

  4. ミントの葉を散らす。

  5. その上に炊いた米をスパイスごと敷き詰める。

    (ライスを赤レンズ豆の上に)

  6. 最後に炒めたアーモンドナッツと玉葱を散らす。

    (アーモンドと玉葱を炒めてライスの上に)

  7. 50ccの水を振りかけ、蓋をして強火で34分、その後50分弱火で炊く。

   (炊きあがり)

          炊きあがったら、蓋をとり5分ほど置いてから、なべの底から混ぜ合わす。

ポイント

 下準備がとても大事です。

 マリネしたチキンは料理する1時間前に冷蔵庫から出しておく。

 鍋に蓋をして炊きだしたら、最後まで蓋は取らないでね。

 鍋の底が焦げますが気にしない。

 残ったヨーグルトキュウリを小さな角切りにして混ぜ合わせて

  ビリヤニと一緒に食べると美味しいです。(たまねぎやトマトを刻んで入れてもOKです)レモンも添えて。


関連記事

  1. インド家庭料理レシピ

    インドお家ごはん43 「トウモロコシと万願寺唐辛子のパコラ」

    パコラはインド風フリッター。生地にスパイスを混ぜ合わせた、夏向きの…

  2. インド滞在記

    インド滞在記 16「ゴアの休日 1」

    ゴアと聞いて何か思い浮かびますか?私はフランシスコ・ザビエル ポル…

  3. インド家庭料理レシピ

    インドお家ごはん42 「ムルティー家のチキンビリヤニ」

    チキンビリヤニは2度目の登場です。前回は昔ながらの作り方を紹介しま…

  4. インド家庭料理レシピ

    インドお家ごはん33「Chicken Curry from Andhra(アンドラのスパイシーチキン…

    主人の父親でアジャンタの創設者のジャヤ・ムールティの生まれ育ったの…

  5. ゴアの休日

    インド滞在記17 「ゴアの休日 ②」

    地母神、パールヴァティ(シバ神の嫁)((Shiva=大黒天))の化身で…

  6. インド家庭料理レシピ

    インドお家ごはん45 「南インド珈琲」

    インドの飲み物はチャイだと思っているだろうが、さにあらず、南インド…

おすすめ記事

ARCHIVE

PAGE TOP